Home > 事業紹介 > 環境調査部門

環境調査部門

環境調査部門

法令、基準に基づいた水質・底質・土壌分析、建築物飲料水検査、廃棄物処分場水質検査、ばい煙測定、作業環境測定、
室内空気中化学物質(シックハウス)測定などの分析、測定を行います。

●水質・底質・土壌調査 ・・・ 工事に伴う水質等のモニタリング、保全対策の提案


水質調査(庶路ダム)

底質調査(厚岸漁港)

氷上採水(春採湖)

水深・流量測定(釧路川)

●騒音・振動・事業損失防止調査 ・・・ 工事に伴う騒音・振動調査、家屋調査、影響予測


騒音・振動測定
(騒音・振動センサー)

騒音・振動測定
(レベルレコーダー)

(左)振動レベル計
(右)騒音計 

杭打設工事の騒音・
振動測定

●動植物調査(植物・動物・鳥類・魚類ほか) ・・・ 工事に伴う希少種、外来種等の分布確認、保全対策の提案


魚類調査(十勝川支流)

魚類調査(十勝川支流)

水生生物調査(ニホンザリガニ)

植生調査(貴重種の分布調査)

●各種分析・検査・測定


原子吸光光度計

ガスクロマトグラフ質量分析計

水質試験前処理

COD試験

●環境教育 ・・・ 北海道標茶高等学校及び釧路町立別保小学校の環境教育に協力しています。


授業内容の説明

透視度計による水質測定

水生生物の調査

牛舎排水の水質測定


主な設備

名称
ガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS)
バージアンドトラップ試料濃縮装置,ヘッドスペース分析システム
ガスクロマトグラフ FID,ECD,FPD
フレームレス原子吸光光度計
イオンクロマトグラフ
高速液体クロマトグラフ
騒音・振動レベル計
1/3オクターブバンド分析器
光学顕微鏡・位相差顕微鏡・実体顕微鏡
PF用遠心分離機

ガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS)


北海道建設新聞 2008年6月20日

 近年、環境保全の意識が高まりつつあり、これまでより高精度な分析結果が必要になりました。 そのような中で、2008年6月中旬に当社では水質・大気・分析用の環境測定器を買い換えました。 こちらは従来使用していた機器より分析精度およびデータ処理速度が向上しましたので、いままでより高精度かつ迅速な対応が可能となりました。


外部への活動


2006年10月2日 北海道新聞夕刊
「どどんとくしろ」掲載
① ワンダグリンダプロジェクト
  1. ワンダグリンダ2005活動報告(活動日:2005年10月24日~27日)
  2. ワンダグリンダ2006活動報告(活動日:2006年10月13日~27日)
  3. ワンダグリンダ2007活動報告(活動日:2007年10月15日~11月1日)
  4. ワンダグリンダ2008活動報告(活動日:2008年10月~11月)
  5. ワンダグリンダ2009活動報告(活動日:2009年10月26日~10月29日)
  6. ワンダグリンダ2010取組概要(活動日:2010年5月~6月)


2007年2月27日 北海道建設新聞 掲載
② 釧路湿原自然再生シンポジウム  活動日:2007年2月23日

 2007年2月23日に釧路キャッスルホテルで「釧路湿原自然再生シンポジウム」が開催されました。 当日は各方面からの参加があり、自然再生への活動報告や今後の課題などについて話し合われました(詳細は下の記事にて参照)。
このシンポジウムで当社環境科学部は、「釧路湿原における環境教育」と題して、昨年実施した北海道標茶高等学校への「体験型環境教育」の報告を行いました。
主な発表内容は以下のとおりで、プレゼンテーション用ソフトとプロジェクターを用いて説明しました。

・釧路湿原における環境教育(標茶高等学校)
 1)釧路川と牛舎糞尿の水質調査 ・・・ 双方の水を採取し、試薬を用いて水質の違いを見分ける。
 2)釧路川の生物調査 ・・・ 釧路川で生息する生物をタモや網ですくい、どんなものがいるか、その特徴は何かを調査する。

③ H19年度第2回環境保全技術セミナーへの参加  活動日:2007年9月28日

 去る平成19年9月28日、釧路キャッスルホテルにて「第2回環境保全技術セミナーが開催されました。 このほど、当社環境科学部においても標茶高等学校に対して数年前から環境教育を行っていることから、釧路川における体験型環境教育への取組み」と題して、環境教育の目的・内容・授業を受けた生徒の反応などについての活動報告を行いました。

 この発表を通じて、「生徒を実際の現場(釧路川)へ導くことにつながる」との感想をいただくことができました。

 以下に、その様子の画像を掲載します。



④ 希少なザリガニ青色変異個体の研究報告

美幌博物館研究報告にて、当社で現場作業中に発見したザリガニの青色変異個体について掲載されました。 この論文には当社も共著者として名を連ねております。

美幌博物館研究報告 「ニホンザリガニの青色変異個体」


⑤ きづく わかる まもる 釧路湿原

釧路湿原を対象とした環境教育活動についてのホームページで、 『きづく わかる まもる 釧路湿原 ~学校と地域をつなぐ環境教育ガイドブック』と題して、釧路湿原についての環境活動報告がまとめられております。 当社の活動も報告されております。

『きづく わかる まもる 釧路湿原 ~学校と地域をつなぐ環境教育ガイドブック』
┗  当社掲載分